そこガチ夫婦マラソンブログ

週末ランナーですが、そこそこガチンコで夫婦共々マラソンに取り組んでいます。
レースは千葉中心に参戦!

満身創痍のipod nano 修理交換へ・・・


そこガチランナーのマストアイテム、ipod nano


ランのお供として、かれこれ3年程使っていたのですが、
あちこちにガタが出てきました。


一番困るのは、ボリューム調整のボタンが壊れていること。


聴いている最中、何も操作していないのに、
音量が一方的に上がり続けたり、下がり続けたりする。


だましだまし使っていましたが、もう我慢の限界(´Д`)



Genius Bar(サポート窓口みたいなトコ)を予約して、
今日アップルストアへ行ってきました。


通勤路にあるのですが、実は入るのは初めて。


Genius Barは4階にあり、エレベーターで向かうのですが、、、


僕「???」


エレベーターを呼ぶボタンがない。


ちょっと待ってたら、エレベーターが来たので乗ったのですが、


エレベーターの中に階数のボタンがない。
ついでに「開」「閉」のボタンもない。


スタイリッシュでシンプルなつくり・・・
さ、さすがアップル。


エレベーターの時点で怖気づく。



そして、Genius Barにいたのは、、、


アップルのロゴが入ったTシャツ、デニムのパンツという

いでたちのスタッフたち。

しかも多国籍。


このラフでおしゃれな感じ・・・


さらに怖気づく。



しばらく待って、
僕の順番が来て、
ipodの症状を説明する。


僕「ボタンの調子が悪くて、
音量が一方的に上がっちゃったり、下がっちゃったりするんです。ほらっ」


僕「あ、あれっ?」


こんなときに限って、なんの問題もなく動くipod nano
まるで、風邪をひいて病院行ったのに、
診察を待っている間に熱が下がっちゃったときのような状況。


ちがう・・・
いつもはこんなじゃないんだ。


スタッフ「何も問題ないじゃないですか。我々の製品に
言いがかりをつけないでくださいよ。あなたの勘違いです」
とか言われたら、おしまいだ。


僕「あ、あとは。ディスプレイの一部が全く反応しないんです」


僕「そ、それと。ディスプレイも割れちゃってて」


僕「も、もう一つ。コネクタの部分も感度が悪くって」


ガタがきているところを全部説明する僕。



結局、ipod nanoは有償(税抜き9,400円)で新品のものと交換してもらえました。
よかった。。。


ちなみにスタッフの方に聞いたところによると、
『ipod nanoは部品単位での交換ができない為、
 どこかに不具合があると新品との交換になる』とのこと。


今回、僕はいろいろ説明しましたが、
手続も含め、ものの15分で交換完了でした。


ipod nanoが壊れちゃったら、新品を買うよりも
修理交換をお願いしたほうがよいですね。
(新品は16,000円以上しますからね)


尚、アップルストアのGenius Barは予約必須。
予約なしだと、見てもらえません。



とにもかくにも、これでipod nano完全復活!(^^)!


NO MUSIC, NO RUN!



【走行距離158.7km】

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。