そこガチ夫婦マラソンブログ

週末ランナーですが、そこそこガチンコで夫婦共々マラソンに取り組んでいます。
レースは千葉中心に参戦!

嬬恋高原キャベツマラソン雑感

嬬恋高原キャベツマラソンの雑感を書きます。
(僕は去年ハーフに参戦、ひろこは今年ハーフに参戦です)


ひろこの結果はこちら
嬬恋高原キャベツマラソン結果(前編)
嬬恋高原キャベツマラソン結果(後編)


この大会の特徴はなんといっても凶悪なコース。


ゲストのプロスカイランナー松本大さんも開会式で
ラストの上り坂、登れるもんなら登ってみろ」と言っていた程。


 ※話が逸れますが、実は松本大さんと僕は同級生です。
  高校1年生のときはクラスも一緒でした。
  彼は嬬恋出身なのですが、前橋の高校に通っていた為、
  クラスでは「キャベツ」というあだ名で呼ばれていました。
  まさか山岳の国際レースで優勝するほどのランナーになるとは・・・
  
実際に最後の2kmはひたすら上り坂が続きます。


先の見えない坂・・・
みるみる平均ペースが落ちていく手元の時計・・・
周りを見渡すと歩いているランナー多数・・・


コースから「嬬恋なめんなよ!!」と怒られているかのような気持ちになり、
心をへし折られそうになります。


僕が出場した大会において、コースのキツさ№1は嬬恋高原キャベツマラソンです。
(ちなみに№2はきょなんヒルズマラソン、№3はマザー牧場いちごトレイルラン)


でも過酷な分、走り切った後の達成感は倍増!



大会運営は◎
駐車場から会場までのシャトルバスも、

「こ、こんなに並んでる( ゚Д゚)」ってなっても、10分待たずして乗れます。


会場のトイレはハーフの召集前でもほぼ並ばずに入れました。


会場ではキャベツ食べ放題(しかも色々なドレッシングを選べる)ですし、
日よけ屋根がある待機スペースも設置されています。


この辺りはさすがランナーズ100選ですね。



あとは参加賞のセンスが良い!


去年は嬬恋限定カラーのキャタピラン。

勝負シューズに通して、今も大活躍しています。


今年はBuff

Buffってなんなのか知らなかったのですが、
スペイン生まれの多機能ヘッドギアらしいです。
フェイスマスク、リストバンド、バンダナ・・・
大会会場でも、皆さんいろいろな使い方をしていました。

頭に巻くとこんな感じです。



難点は会場までのアクセスですかね・・・


僕の場合、群馬の実家(前橋)から車で行っても片道2時間半。
会場付近は一本道なので、帰りは渋滞で+1時間。
今年は会場から直接船橋の家へ帰ったので、6時間以上かかりました。。。


温泉や軽井沢が近いので、余裕があれば旅ランで
前泊(可能なら後泊も)できるといいですね。



この大会、ファン&リピーター率は高いんじゃないかなぁって思います。


有料のTシャツはすぐに完売してますし、着ているランナーも多いです。


僕自身、今年と去年の2回しか来たことはありませんが、
「よくぞ来てくれました!盛り上げますよー!」っていう
村をあげての心意気が伝わってきて、とても好感が持てます。



大会の数自体が少なくなるこの季節、嬬恋高原キャベツマラソンはどうでしょうか!?



【走行距離73.5km】

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。