そこガチ夫婦マラソンブログ

週末ランナーですが、そこそこガチンコで夫婦共々マラソンに取り組んでいます。
レースは千葉中心に参戦!

今月の雑誌【クリール2015年9月号】

ランニングマガジンクリール 2015年 09 月号 [雑誌]
ランニングマガジンクリール 2015年 09 月号 [雑誌]
出版社:ベースボールマガジン社
発売日:2015-07-22
カテゴリー:本


先月に続き、今月もクリールを購入です。


お目当ての特集は2つ。


1.減量&筋力アップでつくるランナー体型


速く走るには、体型は決して無視できない要素。
僕自身、ここ2年で10kg近く体重が落ちましたが、
それは間違いなく記録向上につながっているでしょう。
また、日々の体重も1~2kgくらいの範囲で変動しますが、
やっぱり軽いときのほうがスピードのノリが良いと感じます。


今回特に参考になったのは、高橋千恵美さんの実践栄養学の部分で書かれていた
「理想のランナー体型は人それぞれ。
 ストライド走法かピッチ走法か、走り方によっても変わる」という考え方。


僕の場合、身長164cm・体重は54〜56kgなので、
今の体重は身長マイナス108〜110。
これ以上体重が軽くなると未知の領域ですが、
時間をかけて理想体重を探していきたいですね。


ちなみに高橋さんは現役時代、理想体重は身長マイナス118〜120と
監督から言われていたそうです。
ひょえ〜(°_°)


 
2.ランナーのための夏の100冊


トップランナー・読者・コーチ・編集者など、
走っている人たちによるオススメの本を紹介する特集。


ランも本も好きな僕としては、これは見逃せないと。


で、最初に紹介されていたのは・・・



瀬古利彦[選]




「人生がときめく片づけの魔法 近藤麻理絵・著」



紹介コメント
『家族が男ばっかりだから部屋の中が汚くてさ。
 かみさんから家の中が汚いと〜…』



ま、まさかのこんまりさん!?



ランと全く関係ない視点で来るとは・・・


いきなり意表を突かれました(゜゜)


※近藤麻理絵さん(こんまりさん)は片付けコンサルタントとして、
 世界で最も影響力のある100人にも選ばれているすごいお方です。
 僕もこの著書を読みました。
 ただ伝説のマラソン選手である瀬古さんのセレクトが
 意外でびっくりしちゃいました。



その他、たくさんのランナーの方々がそれぞれ本を紹介しています。
(ジャンルは多岐に渡っていますが、ランに関係する本が多いです)


紹介を見てて気づいたこと。


ランについて、練習法や考え方の本はよく読むけど、
小説って読んだことないよなーってこと。


とりあえず小説で気になった本が、、、
 ・シティ・マラソンズ 三浦しをん、近藤史恵、あさのあつこ・著
 ・風が強く吹いている 三浦しをん・著
 ・ウィメンズマラソン 坂井希久子・著


今度どれか読んでみよっと。



【走行距離103.4km】


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。